2013年11月18日月曜日

息子の柔道から「道を究める」を学ぶ。

現在小学6年生の息子(勇斗・ハヤト)が柔道を始めて、1年が過ぎた。
広島で野球を始め、浦安に戻ってからも少年野球を続けていたのだが、太り気味でベンチを温めていたためか、他のスポーツもやってみたい、というので近くの柔道場へ見学に行ったのが始まりだ。

初めての町道場で、子どもたちが真面目に柔道の稽古に励む風景は、とても新鮮であった。そこで、そもそも「武道」とは「自分自身を高めるために励むこと」が根本にあり、他人のためでも親のためでもない。だから練習でも「手を抜くのは勝手」「止めたい人は止めればいい」といった精神が基本にあるとの話を聞いた。今までは、勉強やクラブ活動など全体主義では「止めたい」とか「努力を怠る」などは、いけない行いとして、叱られる対象であっただけに、やらなくてもいい発言に、最初は戸惑った。



その日も、技の打ち込みに励む子どもたちに向かって、小学生全体を指導する先生が、大声で「休みたい人は勝手に止めてもいいぞ、それは自分に返ってくるだけだぞ~」と気を抜いた子どもに声をかける。それでも変わらない子どもには「強くなりたくて一生懸命やっている他の子に迷惑だから、今日は道場から出て行ってくれ」と言っているのである。驚いた。

最近の子どもたちは、物心ついたころより宿題、試験に追われ、社会人になってもスキルアップや研修や試験にも追われ、「挫折はできない」と競争社会を気負って生きることが多いので、道場の先生の言葉がとても異質なものに思えたのである。
勿論、こんな調子で柔道を教えるので、嫌になって稽古に来なくなる子はたくさんいる。

基本動作の受け身や、礼儀作法をみっちり教えるので、まずそこで挫折する。つまらないのである。それでも頑張って基本を習得して、やっと乱取りが出来る一般コースにきたら、様相は一変する。自分より年下で小さな体の先輩たちに、バッタバッタと投げられるのだ。
息子も、1学年下の女の子に面白いように投げ飛ばされていた。最初はけっこう「心が折れる」らしく、稽古を続けられるか心配したが、周りの子どもたちの燃えるような闘魂に引っ張られるように、道場に通った。

不思議なもので、半年もしてくると投げられなくなってくる。野球のお蔭である程度、体幹ができていたのと多少の腕力はあったので、何とか互角に乱取りが出来るようになってきた。
当初から息子の指導に当たってくださっている先生は、「一つの技を極めさせたい」と息子に「大外刈り」を徹底的に仕込んだ。上背のある選手が得意とする技である。
自分より上背のある相手には、懐に入っての「背負い投げ」などの「かつぎ技」が多い。
息子の「大外刈り」を極めるための練習は、今も続いている。

息子はこの1年間、ひたすら「大外」をかけ続け、足の爪は4枚はがれた。両手は、組手争いで相手の手とぶつかり合うために、節くれ立ち、身長は9センチ伸び、体重は9キロ増えた。
野球も続けているので、運動量が激増し「ぽっちゃり型」だった体系は、身長163㎝、体重62㎏、アスリート体型へと見事に変貌した。



自分のためより、人のため、人の痛みに流す涙

先生は、初参加になる秋の千葉県学年別重量級の個人戦に的を絞っていたようで、夏以降「大内刈り」「内また」「支え釣り込み」など他のバリエーションも増やした。が、あくまで理想の「大外刈り」への連続技なのである。
先生は言う。
「まだまだ大外刈りは極めていません。最近は試合で組んだ相手も、彼の大外を警戒して必死です。半身を引いたり、組手を切ったりと、徹底的にかわしてきます。それをあえて大外で決めるのです。
組んでから半身を引かれる以上に回り込んだり、連続技から相手を崩して大外刈りへと、何通りかの大外刈りを身に着けることです。それを体で覚えなければ試合では生かされません。すべての技は、対戦相手によって一つ一つ違います。どんな相手にも見事に決まる大外刈りを完成させるには、一生かかるかもしれません」

一つの技を極めるとは、「気の遠くなるような繰り返し」から掴み取るしかない、と実感した。まさに自分との闘いである。そして指導する先生たちも、教えたことに対して真正面で応えようとする子どもには、我を忘れて子どもたちと取り組んでくれる。休み返上稽古の時など、自分の家族もあるだろうにと、頭が下がる。
そんな熱い先生方のお蔭で、息子は徐々に育ってきた。
畳の上では、先生にすべてをお任せするので、私と家内はただ見守るだけである。

最近では、勝ち負けの結果よりも、悔いのない試合をさせたいと思うようになった。
「勝って強くなるより、負けた分だけ強くなる」ほうが、強さに厚みが出る。
負けて泣く、悔しくて泣く、練習で泣く、こんな涙は自分に対して流す涙である。
考えてみたら、人は生まれた時より、オムツが濡れた、お腹がすいた、腹が立つといって泣く。大きくなっても同様で自分のための涙が多い。
自立し始めた子どもが、「人の痛みで泣ける」ようになれれば、と願うのだが、大人になっても、一生自分のために泣くだけの人もいる。



先月、息子は目指す個人戦の1週間前に行われた男女混合無差別の大会で、あえなく一回戦で判定負けした。柔道で初めて大泣きした。
涙の理由を知りたくて、「悔しいのか」と尋ねたら、喉をしゃくりあげ、頭を左右に振りながら「先生に、申し訳なくて 」と言って泣いた。
連携で交代して息子の面倒を見てくれた二人の先生へのお詫びの涙であった。
自分のための涙でなかったことに、私は、思わず息子を抱きしめてやりたくなった。

しゃくり泣く息子を、冷静に見守っていた先生が、ようやく落ち着いた息子に向かって言った。
「もう、すっきりしたか、いいかよく聞け。おまえは技の組み立てと掛け続ける姿勢が足りないんだよ」
「はい!」
「明日から、そこを直すために、練習するぞ、ガンガンいくからな」と、もう一人の先生が続けた。
先生は以前、「息子さんとの出会いは自分自身も変えてくれました」と私に言った。

翌日からの練習は、はたから見てもかなり厳しい練習になっていった。
道場での乱取り稽古の気迫は、組む相手にも伝染する。先生の指示で間断なく息子と組んでくれる中学生の先輩たちはその空気を感じ取り、今まで以上に真剣勝負で取り組んでくれた。
「あれだけ頑張る勇斗のために、俺たちも気合入れて相手になります」と私に伝えに来た。彼らも毎日毎日稽古を重ね、今や屈指の強さを誇る先生同様「柔道猛者」なのである。



こうして、息子は道場の先生と先輩、それを見守り続けた父兄の思いを背負って、翌週の千葉県大会に臨んだのである。結果は、負けた分だけ強くなれたようだ。

息子も私も「柔道猛者」の彼らから学ぶことが多すぎて、嬉しくて仕方ない。

人は「無我夢中」の姿に感動する

「私が私が」「俺が俺が」を捨て、我を忘れて打ち込む「忘我」になり、「無我」を極める。そして、道を極める「夢」に立ち向かうために夢の中に入り「夢中」の努力をする。
「無我夢中」。私の一番好きな言葉である。我々は無我夢中の姿に感動する。
柔道でも学問でも仕事でも何でも良い。とにかく「無我夢中」で取り組みたい。結果や妥協、打算など入り込めない、がむしゃらな姿こそ、何かを極めたいと思う人々に営々と引き継ぐ思想なのだと思う。
息子は、この先きっと「柔道猛者」を目指すだろう。「無我夢中」の姿を見て、いずれ後輩たちにも、「極めるための無我夢中」を引き継いでくれることを、私たちは信じている。


田辺 志保


立花克彦ブログ:尊敬する経営者とのお付き合い以外にも
「柔道家」としてもご指導いただいている方です。

2013年11月1日金曜日

「人は、知るほどに好きになる」は本当だ。 

取引先様から、従業員さんやお客様向けのセミナーの講演を頼まれることがある。好き勝手な話をするのだが講演後、次回のオファーを頂戴したり、感謝のお手紙が届いたりするので少しは喜んで頂いているようで、嬉しい。



人は見た目で判断する

「人は初めて出会って最初の10秒間ほどで、相手の値踏みを開始する」
残念なことに、大抵の人は、僅か30秒で、容姿、服装などで「あの人はいい人、感じがいい」と判断し、決め付けてしまうらしい。
しかし、そこで「気に入らない」と勝手に決め付けられたらたまったものじゃない。
「人は見た目で判断してはいけない」と昔の人はよく言った。外見で判断することを戒める裏には、人はとかく見た目で判断しがちだからだ。一度感じた印象は簡単には拭いきれない。
概念とか観念は、今までの経験で得た知識から成り立っているので、どうしても身なりや物腰でその人を判断してしまう。
随分勝手だが、見た目で職業から財布の中身までも決め付けたりするから怖いものがある。

ちなみに私自身が、今でこそ人並みの体重になったが、4年前までは90キロを軽く超えていて、おまけに、スキンヘッド。
世間では、まだ素人さんのスキンヘッドは少なく、「サラリーマンがスキンヘッドなどふざけるな!」と上司によく怒られた。
そういえば以前、ボタンダウンのYシャツまでも駄目だしを受けた。
「田辺、部長になったら、白のカッターシャツ以外は着たらダメだ」と言われた。
「何を言っているのですか。イギリスやアメリカではボタンダウンは、トラッドファッションとして、ビジネスマンの象徴的スタイルですよ」と、猛反論を試みるも
「はあ、そもそもお前は欧米人なのか」と逆襲され、敢えなく沈没。
しばらくボタンダウンシャツはお蔵入りとなった。

スキンヘッドの維持には、毎朝、ひげと一緒に頭部も剃ることが重要で、これがなかなか面倒だ。夏場は5枚刃の剃刀で、ひげと合わせて洗面台で剃り上げて頭部全体を洗顔フォームで洗う、これが実に気持ちが良い。

毎日の鍛錬のおかげで、今では鏡無しでも後頭部の毛を見事に剃れることが私の自慢である。
一般的にサラリーマンには見えないらしく「怪しい奴」と決め付けられたりする。正直、見た目の印象だけで判断されるのは嬉しくない。しかもそんな時は決まって、先方様は私を値踏みするような目付きになり、話し始めても冷静かつ、批判的で冷たい目をしている。
この状態を「熟知性の法則」として発表したのが、アメリカの心理学者ロバート・ザイアンスである。

「熟知性の法則」の3つの法則とは

1、人は、初めて会った人には、批判的で冷淡で攻撃的である。
2、人は、その人のことを知れば知るほど好感を持ち始める。
3、人は、その人の人間的側面を知った時、好感を持つ。

ザイアンスは、著書『熟知性の法則』でこの法則の発見に至る、強烈なある出来事を紹介している。
ニューヨークの地下鉄での出来事である。皆さんも、ケーススタディのつもりで、その場にいる気持ちで読んでほしい。



ある日、地下鉄に1人の男性と3人の子どもが乗り込んできた。
お父さんと思われる男と、12、13歳ほどの女の子、7、8歳の男の子と、3歳ぐらいの元気な男の子の4人連れであった。
地下鉄は、通勤時間を過ぎた昼過ぎで座席半分ほどが空いており車内は静かであった。
ところが、この親子らしき4人が乗り込むや否や車内の雰囲気は一変した。
下の男の子2人の行儀が悪く、騒がしいのである。走りまわる子どもの傍らにいるお父さんらしい男は見ているだけで何も言わない。お姉ちゃんらしい女の子も下を向いたまま、無視しているのだ。

ついに、見るに見かねた一人の女性が「子どもたちを静かにさせて!」と彼らを咎めた。車内の乗客全員が「そうだ、そうだ。よく言った、何と非常識な親子だ」と思った。

誰もが冷たく批判的になるのは当然かもしれない。

この事態をようやく理解した父親は、暫く沈黙し意を決したように口を開いた。
「それは大変申し訳ありませんでした。気が付きませんでした。本当にすみませんでした。こんな話をすべきではないのかもしれませんが、この12歳になる娘も普段はいつも弟の面倒を、よく見る子なのです」
「入院している母親に代わって、毎日毎日、頭が下がるほど家のことをしてくれます。どうか娘は責めないでください」

父親は、静かに語り続けた。
「実は、先程入院中の妻が息を引き取ったのです。家族揃って彼女を天国に見送ることができました。
6歳と3歳の息子は、久しぶりにママに会えた、と喜んでいます。痛み止めの薬のせいで、安らかに眠るように息を引き取った母親を見て、『ママ、ぐっすり眠ったね』と言って喜んでいます。きっと眠ったから明日は元気になるね、と信じているようです」
父親は、車両の隅で嬉しそうに手を取り合ってはしゃいでいる息子たちを見つめた。
「私は、息子たちの嬉しそうに、はしゃいでいる姿を見たら、『ママは眠ったのでなく、もうこの世にいないんだよ』と言わなければならないのですが、言えません。もし伝えても今の彼らには理解できないかもしれませんし・・・」

はしゃぎまくる子どもたちの声が車内に響く。
「そして私は漠然と、残された親子4人の、これからの事を考えていました。お恥ずかしい話ですが、息子たちの行動に気がつきませんでした。本当にすみませんでした」
父親の目から、堰を切ったように大粒の涙が溢れてくる。
その涙を拭う事も忘れて、彼は傍らに座る娘の肩を抱きしめると、こう続けた。
「お姉ちゃんは、母親の死を理解しています。今まで、気丈に振舞い、泣き言一つ言わず、私や弟の為に、家事を引き受けママの代わりをしてくれました。
しかし、母の死によって、先程から下を向いたままです。普段は弟の面倒を良く見る娘です。どうか娘は責めないでください」

親子を咎めた女性を含め、この車両に乗り合わせた全ての乗客は、その時思う。
「この親子のために、我々は何か出来ないだろうか」と。
まさに、批判的、攻撃的感情から、一転して同情から愛情を、この親子に抱くのである。

これが、「人は、その人のことを知れば知るほど好きになり、その人の側面まで知ると好感を持ってしまう」という、ザイアンスの法則である。

未だに、「世の中が気に入らない」と言って、通りすがりの人への殺傷事件が後を絶たない。もしも被害に合われた方が、一人息子の誕生日を祝うために家路を急いでいるお母さん、だと知っていたら加害者は犯行に及べるだろうか。

きっと「相手を知る」ことで、人は優しくなれるはずである。

「嫌な人」とは知らない人のこと

私達は、仕事でもプライベートでも必ずといっていいほど、苦手と思う人がいる。
どうも気が合わない。自分のことを判ってくれない。いちいち癇に障る。
「憎い」「妬む」「嫌い」など全ての気持ちの前提は、相手の本質を知らない事が殆どだ。
表面的に知っているつもりでも、本質的なことや本当の姿を知らない。
無論、それは相手も同じ。相手も自分も鏡のように呼応する。
そこには「優しい気持ち」が存在しない。
これは、「自己開示の法則」と言うが、この理解と実践で、誤解してはいけないのは、自分を開示して好きになってもらうのではなく、相手を開示させて、その人を好きになるということだ。
そうすると、必ず相手もこちらの自己開示に耳を傾けてくれる。
会社組織でのマネジメント手法として「積極的傾聴」がある。深く聞き取ることができると、統一されたマニュアル応酬はできなくなる。ビジネスで成功した報告を聞く時は、その手柄話の何処を褒めようか、と思いながら聞き、逆に失敗談ならばどこに課題があってどう対処するか、と考えながら聞く。

疲れて帰宅した私は、その日の出来事を報告する家内の話を聞く時も、決して面倒くさいなどと思って聞いてはいない。根掘り葉掘り尋ねながら聞いている。
下手なテレビのホームドラマよりよっぽど面白いので、楽しみになってくる。

勿論、全ての人のことを理解して好きになれなどと言うつもりはない。
せめて、自分の周囲の方々だけでも好きになってみませんか?というだけである。
そして、これから出会う人には、好奇心を旺盛に、興味を持つことから始めると、いろいろと聞きたくなる。聞いていくうちに、好きになる。そうなればしめたもの。
知人は友人に、カスタマーはファンへ、そして最後は自分の「サポーター」へと変わっていく筈だ。

人は、どんなに活躍した方でも一生に2000名前後の人との出会いしかないそうで、死ぬ間際に、顔と名前が思い出せるのはわずか100人前後とのこと。

「嫌な人」とか「憎い奴」との100人の思い出よりも、大好きな人との楽しい思い出100人の方がよっぽどいいじゃないかと思う。

この夏を振り返りながら、以前「女性の魅力とは」をテーマにした講演で触れた「ザイアンスの法則」を自分自身の中でかみ締めてみた。
                               
田辺 志保