2016年4月26日火曜日

その場で、そのことだけを、短く。

自分のブログを眺めていて、何かを伝えたい、訴えたい、という気持ちが強すぎて、押し付けがましくて、くどすぎるな、と今更ながら反省した。

セミナーや講演に参加される方は「何かを得る」が目的なので、しつこいぐらいの繰り返しが丁度良い。しかし、ブログは何も構えずに眺める方だから、文章が長いと飽きるし読むのも面倒になる。

以前、ブログでお世話になった方から、「書くこととは、書かないことを決めること」と言われた。
私の文章が、あれもこれもと説明してしまう悪い癖を、踏まえたアドバイスだったと思う。

井上ひさしが、物事を人様に伝えるコツを披露していたことを思い出した。
「難しい事は、やさしく、やさしいことは深く、深いことは面白く」と言っていたではないか。
もう一度、原点に戻り、「その場で、そのことだけを、短く」方法に徹してみよう。
実は、これはマネジメントの「叱り方の原則」であるが、人様に伝えるにも通じる話。
「その場以外に、そのこと以外も、ダラダラと」これは人様を潰すし、相手に伝わらない原則だ。
今後のブログは起承転結、伝えたいことを簡潔に現す、を心がけたい。

期待を超えたら「感動」する

先日、感動の出来事があった。顧客満足の見本のような出来事、つまり自らの尺度の満足する期待値を超えた時に、感動出来事に変わった実例だ。
居酒屋の接客と、高級クラブの接客では想定する満足の期待値は違う。自分が持つ期待を超えると感動になり、期待を下回るとクレームになる。今回は想定の期待を超えたので感動してしまった。

ミス・ユニバース事務局から、書類が届いた。開けてみると、2016年版のミス・ユニバースの冊子と、正式な講師認定証が入っていた。「ご丁寧に有難う」と、ここまでは通常の満足だった。
しかし、もう一つ入っていたのが、各地区代表の46名からの感謝の手書きの寄せ書きだったのだ。
これは、貰えるなどと思っていなかったのでちょっと驚いた。
各自が、私の講演の感想や感謝の文章がびっしり書き込まれ、ビューティキャンプでの彼女たちのひたむきな姿を思い出し、思わず笑みが溢れてしまった。

手紙が激変しメールと携帯電話中心のご時世に、手書きは希少であり、何と嬉しい事だろう。
皆さんが、この経験を糧に夢に向かって活躍の場を広げることを、心より応援したい。
そして、事務局の方々のにくい演出と、気働きにも感謝である。

私も、大切な人に、良い意味で期待を超えた感動をお届けしようと、学び、心した出来事だった。
                                  
フュージョン(株) 田邊 志保





2016年4月5日火曜日

若返りの秘訣を考える

先月、中3になる息子の耳が沸いた。これが相当痛いらしい。
「耳が沸く」とは、柔道や、ラグビー、レスリングをやってきた方に多いが、一般的に耳が潰れる状態をいう。正確には「耳介血腫」というらしい。原因は様々だが、柔道では、組み手争いや寝技などで、相手の身体や手、畳などが自分の耳とぶつかり擦れることを繰り返して内出血を起こし、血が貯まる現象だ。潰れた軟骨の髄液と血液が混じって貯まるので、かなり痛い炎症だろう。

潰れ方は個人差があり、息子は組み手争いの相手が奥襟を取ろうと,耳をめがけて攻めてくる時、手が耳に激しくぶつかり、真っ赤になって沸き始めた。それが乱取りで繰り返し益々腫れてくるのだ。息子は耳上部がかなり厚く膨れて、重くて前へ垂れるので耳鼻科で4回ほど血を抜いた。
太い注射器を患部に刺して、吸い取るので痛くて堪らないようだ。
1回で5ccほど抜いた後は腫れも引くが、また練習で擦れて腫れるの繰り返し。一度沸いた場所が袋状になるので同じ場所が更に腫れ、息子は「もう血抜きは嫌だ」と言って、耳鼻科に行くのを止めてしまった。結果、耳の上部にしおれた餃子が入っているような形で固まりつつある。




一度沸いて固まると二度と元には戻らないので、女子柔道家が引退後、耳の整形手術する方もいるほどだ。男子選手の場合、試合前に精神を落ち着かせるため、音楽を聞いている場面をテレビ中継でご記憶の方もいるかもしれないが、多くの選手がヘッドホーンを使っている。
実は耳が潰れすぎ完全に塞がってしまい、イヤーホンが耳の穴に入らないためだ。息子も、今後の変形次第では耳の穴を確保する為、暫く耳栓が必要になりそうだ。

しかし、坊主頭で、耳の潰れた筋肉男は見た目が怖いのが問題だが、先生曰く「喧嘩を売られないから良いですよ」は、少し複雑な心境である。


エイジングに対抗する


自動車も、乗り続けた年数や走行距離でガタは来る。人様も同様で、身体中のあちこちが変化してくる。短期間での酷使でも変形・変化するから、若いスポーツ選手や、職人さんなどは身体の部位が変形してくる場合が多い。
美容師や板前さんの水仕事で荒れた手、サッカー選手の剥がれ爪が再生した足、物書きや勉強家のペンだこ、ヒール靴からくる外反母趾などきりがない。

一方、万人が味わうのは、悲しいかな老化による変化だ。
フュージョン社内は若い力に溢れ、パワーを頂いて私の気力だけは充実だが、人生61年も経過すると、髪は消滅、シワは増え、体重増加、嗜好も変わり、物忘れは日常茶飯事。
しかし案ずる事なかれ、本人の心がけと努力で、その進行を押さえ、改善していくことは可能だ。



「人相」は、生活環境でも変わると云われている。悲しいことばかりに遭遇すると、寂しい顔になるし、楽しいことばかりだと嬉しそうな顔になる。横のシワは、笑顔のシワが多く、俗に喜ばしい表情シワ。これが顔に刻まれると、良いときを刻んできた穏やかな顔になる。
反対に縦のシワは、あまり嬉しくない表情シワである。厳しい渋面の眉間の縦シワは感心しない。これが年輪とともに刻まれると、気難しい表情の人に思われがちだ。
ところが、意識してポジティブに笑顔表情を増やすと、渋面の顔つきまで変わるから不思議だ。

前職の化粧品会社では、肌改善への効果効用を命題として開発してきたが、内面的にも好影響を及ぼすために、香りによるアロマテラピー効果や、社会生活を活き活き過ごすメイクの効果・効用なども研究してきた。介護施設のお年寄りが、唇に紅をひくだけで、現役の社会生活を想起するのか、尿漏れパットやオシメの数が減少するのは驚きの事実だ。
こうした「若さへの回帰」や「自信回復」を促す精神的な「生きる活力」は他にも数えきれない。
老いらくの恋、孫との接触、趣味の世界、仕事など各人の生きがい全てが若さの元である。


笑顔の価値は250万円なり

岡山の柴田病院が、重篤患者さんの延命治療として「よしもと新喜劇」に出向くのは有名な話だ。自己免疫力の向上作用で、心の底から笑った時に、病に立ち向かうナチュラル・キラー細胞(NK細胞)が活性化するからだ。逆に諦めて沈んでいると、NK細胞は減少するといわれる。
米国の研究では、笑顔1回の資産価値は250万円に相当すると云われている。そして子どもは、1日400回の笑顔に達し、大人になると10回前後に激変してしまうのは寂しい限りだ。

NK細胞は「作り笑顔」でも増大する。辛い時こそ縦シワから横シワに無理やり変えることだ。
取り敢えず口角上げて笑ってみよう。口に指一本咥えるだけの笑顔もどきでも効果ある。

若返るには、成長ホルモン分泌の活性化が大切で、まずは「適切な運動」。それからホルモン分泌に必要な「アルギニン」は大豆、魚介、鶏肉など良質なアミノ酸の食事から取りたい
更に美容やダイエットには、体脂肪を減らす食事をよく噛んで食べることで、耳下線からの唾液に含まれる肌の代謝活性化ホルモン「パロチン」を促す。このホルモンと、代謝が活性化する夜10~11時での深い「睡眠」は肌改善の相乗効果を生むことになる。

健康な身体づくりとは、皆さんもよく耳にする当たとり前のことばかりである。しかし、その当たり前の継続が難しいのだ。多忙やストレスが気持ちを挫くからだ。
ポーズでけっこう「楽しく笑顔で日々を送るぞ」と心がけることが、老化防止の根源である。

友人の医者からの言葉、
「病は気から、大切なのは本人の気持ち。そのまえに、後手の治療より先手の予防!」。

髪が抜け始めた私の言い訳、
「このハゲ行程は、滅びゆく森林でなく、開けゆく大地だ」と笑顔で自分に言い聞かせること。
結果、心臓だけには、毛が生えることは実証済みだ。



田辺 志保