2016年7月8日金曜日

試練は突然やってくる(前編)

この夏、全ての柔道中学生が目指す「全国中学総体柔道大会」が、今年8月17~20日に新潟県上越市で開催される。昨年は北海道大会だったが、息子は3年の上級生に負けて千葉県代表になれず、北海道には行けなかった。新潟大会は、中学3年生の息子には最後のチャンスであり、負ければそこで引退となる。

7月から各都道府県毎での予選会を勝ち抜き、階級別代表選手と、代表団体校だけが「全中大会」への出場権を獲得する。千葉県は7月中旬から14ブロックで勝ち抜いた選手が、7月下旬の千葉県大会に出場し、そこで各階級優勝者1名と、優勝校一校のみが千葉県代表として全中大会の切符を手にする訳で、そう簡単ではない。

春の千葉県大会では、息子たち市川七中が団体戦で優勝し、息子個人でも81KG級で優勝した。七中レギュラーは各階級別でもトップクラスが揃う県下最強メンバーと評価されているようである。
そのために、彼らは部活と道場で猛練習を重ねてきたから、全国大会で上位を狙う!の夢を叶えてやりたいと願うばかりだ。
ただひとつ、この時期に絶対にあってはいけないのが、怪我と病気。試合に出ない、は幾ら過去強かろうが関係ない、不戦敗でその場で終わるのだ。
今、柔道の先生たちと選手の合言葉は「絶対にケガはするな!」である。

人生、上り坂と下り坂の合間に「まさか」の坂がある

市川・浦安地区予選を3週間後に控えた部活の練習中、学校から自宅に「息子さんが練習中ケガをした」と連絡が入った。歩けないので迎えに来て欲しいとのこと。
家内は保健室で寝ている息子を見て真っ青。事故の状況を聞く。乱取りの最中に、後輩の重量級の相手が投げられまいと、息子にしがみつき、左足首が絡んだまま上に乗った形で倒れこんだらしい。最悪の事故である。まさか、何故、この時期に・・心をよぎるが気を取り直し、パンパンに腫れた足首の息子を乗せて、そのまま救急医療センターへ。

診断結果は、左足首脛骨骨折。夜遅くにギブスで固められ、沈痛な息子をみて、私は正直、彼の最後の大会は終わったかと、落胆した。しかし、それではあまりに悲しいし、諦めきれない。
柔道の先生たちも案じてくれ、整骨で全国屈指の先生を紹介して頂いた。柔道家でもあり、国内有力選手の奇跡の回復や、指定選手のメンテナンスもしていらっしゃる方である。

先生は快く診察に応じくれて、翌日深夜に指定された医療大学の先生の部屋にお邪魔した。
先生はギブスを外し、足首を触りながらレントゲン写真を睨む。

「心配していたとおりです、脱臼したまま固定されてますよ」
「えー・・」私たちはただ驚くばかり。
「昨夜は痛かったでしょう、まず脱臼を直しますが、骨折部位の反対の靭帯も伸びているので、回復には時間がかかります」それを聞いた息子が一言、
「先生、3週間後の予選会にどうしても出たいのです」
「・・・・・」。

柔道歴20年の先生は、この予選会の重さを知っているだけに、先生の沈黙は怖い。やがて意を決したようで、「何とかやってみます」と仰った。先生の言葉には、骨折・脱臼・靭帯の回復だけでなく、試合感、左足筋肉の衰え克服のトレーニングなど、同時並行しての復帰である。
息子にすれば、先生の指導を守り必死でトレーニングを重ね、出場できたなら「勝つ」しかない。

この日から、先生の昼夜を問わぬ献身的治療と、息子の1日4時間に及ぶリハビリトレーニングが始まった。救急医療で全治一ヶ月半と診断された息子が、治るどころか3週間後の試合出場という記録的復活が果たせるかどうか、先生と息子の戦いが始まった。

柔道先生と仲間たちと家族は、この3週間をひたすら見守るしか無い。
無関係の皆様には面白くなくて恐縮だが、この行方は、次回に掲載したいと思っている。


神の手