2017年3月30日木曜日

サラリーマンの夢って何だろう


サラリーマン人生が40年を迎える。よくここまで続いたと感心してしまう。
その間、転勤、転属、出向、定年、再就職を経験し、転居したのは14回に上る。役職もヒラから始まり社長まで経験させて頂いた。職階が上がる度、孤独になるもので、気楽さと仲間意識が遠くなるのは寂しいものだが、反面、職場以外の人脈が広がるのも事実で、それはそれで嬉しいものだ。振り返って「人生の人財残高」を積み立てることが如何に重要で「男の器量」はこれだと言っても過言ではない。

転居は全て家族同伴で素晴らしい出会いを重ねてきた。本当に感謝している。長女は幼稚園2回、小学校2回、中学2回、息子も幼稚園・小学校を4回も転校した。子どもには「自分の故郷はどこだろう?」と言われたが、皆が「お気楽」なので楽しかったようである。

しかし、会社人生は楽しい事ばかりでなかった。普通では経験出来ないことも遭遇させて頂いた。債務超過、粉飾決算、役員逮捕、上場廃止、整理、再生、買収と、これ以上ない連続攻撃には死ぬ思いをした。当時、病気でもないのに、血の小便が出ることを体験したのは苦い思い出だ。

正直、伝統と歴史ある一部上場の最古参の名門企業が、崩壊し消滅するとは思わなかった。世の中に「絶対に大丈夫」などは存在しない。
それでも定年まで勤められたコツは、ひたすら仲間を信じ、うしろ工程を大切にし、いかなる場面でも己を失わず「無我夢中」で邁進することだと思う。自分が、自分が、の我を張らず「無我」にならねば、誰もついてこない。

この地獄の渦中にいたことを、今では感謝出来るようになった。生意気だが、常に「無我」を忘れず、愚痴らずに夢を追う「夢中の姿勢」の大切さを教えてくれたからだ。


夢の「上場」を果たした喜び


先日ついに、サラリーマンの夢である初体験を味わうことが出来た。
我が社「フュージョン株式会社」がアンビシャスに上場したのだ。創業25年の社員の努力が念願の上場を果たしたのだ。入社2年の私は、この場面に遭遇できたことだけで感謝、感激である。お取引先様のご支援と社員一人一人の汗と涙の結晶である。先に述べたが、会社が傾くのは簡単だが、社会的に認められた会社を継続・拡大するのは容易ではない。
弊社会長が「五穀豊穣」を願い、5回上場の鐘を鳴らす場面は荘厳であり、居合わせた我々は身が引き締まる思いであった。

FBにも書いたが、誰もが一番大切なことは「夢」を持ち続けることだ。当たり前と言われそうだが、絶えず夢に日付を付けて邁進する「夢中」の姿は難しい。
私も62歳、浅学非才な爺であるが、この先いたずらに歳を重ねた爺にはなりたくない。

「頑張る奴は、夢を語り 怠ける奴は、言い訳を語る」

夢の上場経験は「いいか、言い訳と愚痴を重ねた数だけ、嫌な爺になるのだぞ!」と、己に戒める出来事でもあった。